受験の合格は大変

受験には、合格するまでのプロセスがあります。そのプロセスは簡略化できず、正しい手順を伴わない限り、合格は見えないでしょう。少しでも合格可能性を上げるためには、学校以外の指導者を探しましょう。お子さんにおいては、年齢別の指導が好ましいです。特に中高生は学力向上が著しい時期ですので、適切な指導者を見つければ、成績アップも容易となります。

合格を勝ち取るためには、日々の振り返りが肝心です。合格したからと言って、気を緩めてもいけません。東大生と触れ合うチャンスがあるなら、彼らの勉学に対する姿勢を見習いましょう。受験生の方なら、個別指導塾の先生方を多いに頼りにして、自分の実力に磨きをかけましょう。

合格したときのことを考え、イメージを膨らませましょう。学問に終わりはなく、今の状況も直ぐに変化します。常に未来を見据えて行動することこそ、最も重要な姿勢です。今すぐできることと、その先の事を考えましょう。

東大生は、誰よりも合格の厳しさを実感しています。簡単に合格出来ればだれ見苦労しませんので、その辺りの苦労話を伺う事も忘れないようにしましょう。東大合格までにかかった時間や科目数、個人的な悩みなどを伺い、あなたの受験対策に役立てましょう。