塾と生徒との関係

塾は生徒のためにあります。大前提として、生徒が学力を向上させ、その成績を安定させるため、塾講師は学力のサポートを行います。類似サービスとして、家庭教師があります。こちらは直接ご自宅に訪問する形を取ります。個別指導塾は、集団指導を行わない、進学指導塾の類型です。塾で、かけがえの無い思い出を作りましょう。

もちろん、塾に通わない方法も良いでしょう。月謝や入学金といったもろもろの出費を節約することで、その費用を生活費などに回せます。ただし、受験生でいられる期間は一度しかありません。悔いの無いよう、勉学に励みましょう。

塾では、多くの同世代の方と席を共にします。塾に通ったからと言って、即座に成績が上がることはありません。同世代の方と切磋琢磨して、本気になって行動しましょう。最初のうちは、長く塾に通っているライバルの方が実力が上となり、悔しい思いをするでしょう。その経験も、受験の糧となります。

東大生の指導を受けるときは、真剣勝負で臨みましょう。東大は本当に頭の良い人しか入れない大学です。彼らは人一倍の熱意を持って受験生の指導に当たります。あなたが東大生なら、どんな指導を望むか。この論点を持って、真剣に話を聞きましょう。