プロ講師との違い

プロは、指導方針に自信を持っています。理由は、プロとして、長年の指導実績があり、それだけの経験を積んでいるからです。一方東大生は学生ですので、指導経験は少なく、アマチュアとしてのクセが残っています。その分生徒と距離が近いため、反応は良いでしょう。

プロに依頼を出す前に、東大生コーチの授業も期待しましょう。個別指導なら、年の近い先生のじょうが、ずっとやる気も出るでしょう。若い方同士がよく話し合うことが、後の結果の源泉となります。

プロになるために必要な努力は、想像を絶します。この世界は実力至上主義であり、容易には生き残れません。つまり、真面目に努力しなければ、絶対に勝つことはないのです。あなたが塾講師になったとして、より多くの生徒に授業を教えなければならないと考えれば、彼らの努力の程がうかがい知れるでしょう。

東大生にもプロ講師にも、異なる良さがあります。彼らは勉学に多少の自信を持っており、彼らの思考パターンは皆複雑です。彼らがどうやって受験勉強を行い、彼らがどのように思考を組み立ててきたか。基本的な事ですが、「相手を知ること」こそ、良い結果を求める最善の方法です。あなたが欲しいと思う情報を彼らから引き出しましょう。