塾は自分で通うもの

親御さんの気持ちとして、子供さんの学力向上は悲願と言えます。しかし、学力は身長や体重のように、目に見えて変化するものではなく、他者との比較や到達度によって図られます。塾は学力向上には役立ちますが、それ以外に関しては、環境やクラスメートが影響します。塾は、夕方や夜間に開講するため、学校との両立が大変です。お子さんの自由意思を尊重しましょう。

塾通いは、神経を磨り減らすこともある、とても辛い行為です。特に入試前の直前期は、そのストレスもピークに達します。しかし、曽野辛い経験こそ、入試の醍醐味とも言えます。いい経験だと思って、本気で取り組みましょう。

通うべき塾が見つからない場合は、自分の苦手科目を把握しましょう。苦手となっている科目が、どうして苦手になってしまったのか。その理由を考えましょう。ご自分では克服できないとお考えなら、現在のご自分に合ったレベルの塾に通いましょう。東大生が指導する塾は、レベルが高い事が多いので、ご注意ください。

塾通いは、適度に行いましょう。学校の勉強が第一に来て、その次に塾が来るようにしましょう。そうしないと、学力や体力面で限界が来ます。塾はあくまでもサポート機関だと考えましょう。なるべくお子さんの体を大切にしましょう。