東大生の指導法

東大は官僚養成機関としての色彩が強い大学です。そのため、短時間に大量の情報を処理する能力や、生徒の現時点での実力を分析し、最適な指導を立案することに長けています。つまり、「想像よりも論理的思考に長けた方」が多くおられる大学と言えます。

東大生は平均化された状態を好みます。一方、関西地方にあるとある国立大学は、個性的な状態を好みます。大学には個性がある事を、ご理解下さい。どの大学の学生が一番気風に会うかは、その人の考え方次第です。

指導法には向き不向きがあります。あなたと相性が良い先生に話を伺いましょう。あなたの学力を向上するきっかけが何であれ、個別指導塾の強みである「面倒見の良さ」を受け入れることは、とても大切でしょう。

あなたの意見を通さずに、相手の話を冷静に伺いましょう。塾講師は、未開拓の分野も多い仕事です。完璧な指導を求めず、相手の気持ちを尊重しましょう。教科書レベルの問題であっても、分からないところがあればすぐに質問しましょう。相手は優秀な学生です。遠慮することはありません。

塾は色々な方が集まる場所です。個別指導を受けている時も、大きな声を出さず、静かにしましょう。場の雰囲気を守ることが、塾に通い続けるポイントです。