プロと東大、どっち?

大学在学中の東大生はプロ講師ではありませんが、東大生の実力は本物です。個別指導塾においても、東大生が在席していることをポイントにして、営業を行っている所も少なくありません。

プロ講師は、大学卒業後、就職試験に合格する等のルートを経て、講師になります。もしくは、ご自身で独立・開業し、塾長として活躍しています。プロを名乗るからには、合格に責任を負う、層考える方も少なくありません。

東大生講師は、学生としての経験を積みながら、アルバイトとして働いています。あくまで本文は学生なので、そこまで熱心で無い先生も多いです。その一方、熱血指導をされる学生もおられます。

時には、個性的な東大生に出会います。頭が良い方は、様々な見地から物事を観察されるため、その答えも様々です。ご自身の常識を覆すような、素晴らしい見識をお持ちの学生もおられるでしょう。

どうして東大生に会えないのか、それは、東大生が特定の塾にかたまっているからです。日本全国にある大学のキャンパスには、暗黙のルールがあります。詳細は不明ですが、彼らは先輩後輩の伝統にのっとり、特定の職場でアルバイトをするならわしがあります。東大生とコネを作ることが、彼らに会う最大のチャンスとなるでしょう。