東大生が講師に

東大生が塾講師を務めている塾は、そう多くありません。日本には数百の国公立・私立大学がありますが、その中でも東大は最高ランクに属しています。毎年約3000人しか輩出されない東大生は、希少価値があります。

講師としての才覚は、その学生の自覚に依拠します。どんな時も生徒に対する適切な指導を忘れない学生や、生徒の悩みに真摯に向き合い、彼らの学力向上に力を貸す学生、ご自身のテクニックを伝授し、彼らのやる気を発奮させる学生もいます。

講師としての東大生の実力は、その人の学力レベルと指導力によります。しかし、東大生に触れ合うチャンスとなりますし、東大に進学することを夢見ている学生ならば、そのチャンスを広げる手段として、東大生の授業を受けることは、とても有効です。お近くの個別指導塾の講師にに東大生が在籍している場合は、彼・彼女に指導をお願いしましょう。

ちなみに、東大生だからと言って、特段の配慮をする必要はありません。かれらはあくまで塾講師ですので、彼ら自身が希望して、その塾で働いています。そのため、彼らの給料は塾側が管理していますので、彼らにチップを支払わずとも構いません。個別指導を受ける前に、ご家庭できちんと予習・復習をしましょう。